新生!ゲームマスター日記


リネージュの空想なGM日記です。
by Mlnce
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お知らせ

どうも更新ができず、ぐだぐだしていたので一度更新停止します。
いつかはわかりませんが、また気が向けば更新していきたいと思います。
申し訳ありませんでした。
[PR]
# by Mlnce | 2007-01-06 12:55 | 更新停止

自分なりの“ゆとり”

長い更新停滞となってしまった。
というのも、緊急集会やメンテナンス等が重なり、なかなか余裕が無かったのだ。
今後も報告無しにこのような事がある可能性は否めないが、長い目で見てやって欲しい。

しかし、これでようやく大きな仕事の山を越える事ができた。
これから冬にかけて、自分にはしばらくゆとりがあるそうだ。
次の山に備え、今、この瞬間のゆとりを大切にしていこう。


今回は前口上が短めだが、早速記事に移ることにしよう。

このブログで度々姿を見せる【LT】のキャラクター。
彼らは【LineageTester】の略、すなわち管理側のテスト用キャラクターだ。
ゲームマスターは、他の業務に差支えが無い程度であれば彼らを自由に操作できる。

本質的には、一般ユーザーのキャラクターと変わりは無い。
が、Testerと名がつく彼らには、多少なりと措置が施されている。

a0072067_21584041.jpg

リネージュのクラスでいう、“君主”のTesterだ。
容姿そのものは至って通常だが、名前には【LT】と、しっかり刻印されている。

その【LT】についてだが、
a0072067_222325.jpg

少々見辛いが、この通りカスタマイズする事ができる。
基本的に、LTは管理側から直接データを打ち込んで作成する。
(何もデータを入力しないで作成すると、レベル等が全て0の抜け殻LTができる)

しかし、このように作成後も微調整をすることが可能なのだ。
カスタマイズに関してもう少し詳しいことが言えるが、不要なので割愛させていただく。

a0072067_2252954.jpg

a0072067_2253985.jpg

a0072067_2254881.jpg

これらの画像は、現在未実装変身の一角であるものだ。
上からオーク メイジ、ホブゴブリン、ミノタウロス(フレイルver)だ。
過去のボツデータは流石に不可能だが、検討中等の未実装データを組み込む事はできる。

他にも、未実装の色々な装備・魔法・スキル等々、彼らLTは使用する事ができる。

ちなみに私は、このようなLTを一般ユーザーの方に体験していただくのも面白そうだと思う。
…しかし一部制限を設けたりせねば、色々と問題がありそうな気もしないが…。
[PR]
# by Mlnce | 2006-10-26 22:11

彷徨

昨日は輝かんばかりの晴天だった。
しかし、今日はその晴天をあざ笑うかのようなどしゃ降りである。

午後8時前。
小雨へと変わっていたので、私は窓を開け、缶コーヒーを片手に一服した。
まだ空は薄く、ぼんやりとした雲で覆われている。

…私はその雲をぼおっと眺めながら、自分の事について考えていた。

自分は今、何がしたいのか。何ができるのか。
この仕事で満足なのか…。本当に、今の暮らしに不満は無いのだろうか。

無意識の内に、ネガティブな感情で自分に問いかけていた。

だが、この彷徨とした思いは、自分の活力となっているのを自覚している。
今自分にできる事はこれなのだ。一つ一つ片付けていかなくてはならない、と。
遠い、栄光たる未来に思いを馳せて。


さて、今回の記事に入るとしよう。
前回の追加分からの話になる。

前回紹介した、ゲームマスター専用武器“ドゥーム ブレード”
この威力を確かめるべく、マンボ ラビットとの一騎打ちをしてみる事にした。
なお、麻痺毒や一撃死といった付加効果は添付していない。
(ゲームマスターは攻撃する事ができない為、ガードに変身をした状態で戦っている。)
a0072067_20291462.jpg

結果は圧勝だった。
恐らく、3~4発程度にダメージで撃破できたと思う。


続いてゲームマスター専用の魔法について話そう。
a0072067_2031660.jpg

ゲームマスターは通常の魔法に加え、君主専用魔法、精霊魔法…など
全ての魔法を会得している。特に、テスト以外で使う機会は少ないが。

その中でも、上の画像の魔法はゲームマスター専用である。
ご丁寧に名前まで決められている。

左上から
ディサピア 消費HP・MP 0

姿を消す。壁などの障害物なども通り抜け可能。
ディティクション等の魔法を使っても効果は消失しない。

普段、我々はこれを使用して見回りを行っている。
というより、ゲームマスターはほぼ99%、この状態だ。


スターディ 消費HP・MP 0

一切の物理・魔法攻撃及び、魔法等の効果を受け付けなくなる。

イベントで登場する場合は、この魔法を使用する場合が多い。
通常業務では、点検時くらいしか使った事がないが。


ディメンション 消費HP・MP 0

設定されたモンスター・プレイヤー等を出現する。

予めモンスター等のデータを設定しておき、この魔法を詠唱すると
それらを召還する事ができる。
例えば、バシリスクを3体、テイミングした状態で出したいとする。
a0072067_20492457.jpg

こういった感じだ。

ちなみに右下の数字の羅列は、この
“バシリスクを3体、テイミングした状態で出す”
という命令らしい。
実際はもっと長いが省略した。
最も、私はプログラムといった部門はよくわからないが…。
[PR]
# by Mlnce | 2006-10-11 20:54

中秋の名月

今日は中秋の名月だ。

今年も見事な満月を見られるだろうか…
と、職場の窓から顔を覗かせてみたが、雲に隠れて見えなかった。
少し楽しみだっただけに、自身の倦怠感は否めなかった。

私が東北にいた…もとい幼かった時分。
よく父親と夜中まで野球をし、帰り道に浮かんだ月を見て

「月の黒いとこは、兎がもちをついているみたい」

などと、周囲の影響もあるが…そう思っていた。
あの頃は星も美しかった。

都会の夜空では星など見ることができないのは明確だ。
…ただ、人間の進歩が、数々のものを犠牲にするという事実も悲しい話だ。
願わくば、人間が父なる空、母なる大地に矛先を向けんことを。


さて、今回もゲームマスターの紹介をしよう。

ステータスについての紹介だが…
実は、ゲームマスターというキャラクターは、能力値における一切の補正を受けない。
極端な話、いくらレベルが高くても、物理的には意味がないということだ。

だが、装備品についてはこの限りではない。
強い武器を装備すれば、物理攻撃力が上昇する。
強い防具を装備すれば、物理攻撃や魔法攻撃を軽減する。

ちなみにゲームマスター専用武器という物があるので紹介しよう。
a0072067_22273534.jpg

今装備している武器がそうだ。“ドゥーム ブレード”と言う。

この武器は単純な攻撃力は然程ではない。
ただ、これは対象に状態異常(毒、麻痺毒、沈黙毒、一撃死 等々)
を任意で付加して攻撃する事ができる。
…とは言え、私自身が使用したことはほとんどないが。

なお、イベントで登場する際には
“+128 Tシャツ”を着用して現れる。
念の為の装備らしいが、あまり意味はない気がする。

少々忙しいので、申し訳ないがこれくらいにしておこう。
次回、今回の補足部分とGM専用魔法について紹介しようと思う。
[PR]
# by Mlnce | 2006-10-06 22:33

死別

昨日の早朝、職場で飼われていたハムスターが死んでいた。

このハムスターは、私がここで働く以前に
カノープスサーバーのGMさんが、ペットショップから買ってきたものだ。
体が雪のように白い為、“ミルキー”という愛称で呼ばれていた。
私も何度かエサをあげた事がある。

忙しい職場にも関わらず、ミルキーは本当に可愛がられていた。
愛くるしい仕種は、ここを訪れる人さえも和ませていたのだ。

10時半過ぎ、あるGMさんが主任の許可を得て埋葬しにいった。
…昨日はずっと暗く、気まずい空気が流れていた。

生き物を“食べた”事による死。
“愛していた”生き物の死。
正直、これが同じ“死”だとは思えない。これが現実だ。
…そう思うと、余計に切なく、悲しい気持ちがした。


…後味の悪い話になってしまったが、今日の記事に入る。

最近どうもブログに載せる記事が無くなってしまった。
そこで、ゲームマスターについて少し紹介してみよう。

まずゲームマスターも一応キャラクターの一種である。
流石に一般のアカウントでゲームマスターを作成する事はできないが…
こちらの特殊な措置が施されたアカウントであれば、ゲームマスターを作成する事ができる。

ちなみに念の為、防犯上にロックがされている。
このロックを解除する事によってゲームマスターが作成できる、という仕組みだ。

なお、そのロック解除の手順を紹介すると

1)アカウントに“management”、パスワードに“gamemaster77”と入力する。

2)その状態で、キーボードの上上下下左右左右、そして大文字のA,Bを素早く入力する。

3)ロック解除パスワードを入力する。

a0072067_1843140.jpg


以上でこのような画面が出現する。
リマイニングポイントは自由に設定できるが、画像は初期状態のものである。
ちなみに作成後は、ロック解除パスワードさえ入力すれば再び操作できる。

…今日はここまでだ。
次回はゲームマスターの能力値を紹介してみよう。
[PR]
# by Mlnce | 2006-10-02 18:13

運動会

今日、近所の小学校で運動会が開催されていた。
偶然暇な時間に出くわしたので、少し覗いてみた。

各学年による徒競走や玉入れ、綱引きなどの伝統的とも言える種目は終わっていた。
私が唯一見ることが出来たのが、恐らく6年生が行っているであろう組体操のみだった。
しかし小学校の組体操と言えど、見事な演技には私を感動させるものがあった。

私はこの時分、どちらかと言えば体が小さい方だったので、組体操では上層にいた。
…少し変わっているが、私は造られたタワーの上部で、相当な数の保護者を前に

「自分もいつか、大人になって頑張っている自分たちの姿を見てみたい」

などと思っていたことを思い出した。

…何年もの歳月を経て、私はこうして頑張る子供達の姿を見ている。
今でもこうして、組体操という種目があったことを私はとても嬉しく思う。


さて、今回もそろそろ記事に移る。

日本にリネージュが実装される時に消去されたあるクエストを紹介する。
そのクエストはナイト専用。
通称“ドルーガ家のクエスト”と呼ばれるこのクエストでは、立ちはだかる強敵を倒す事によってある一本の剣が手に入る。
その名も“ドラゴン スレイヤー”。

クエストを受ける資格に当たる部分が未発見なので、中身である“強敵”の部分のみ紹介する。

“強敵”とは合計3回戦う。
3ラウンドのうち、1ラウンドを攻略すると、30秒後に次のラウンドとなる仕組みだ。

a0072067_19214149.jpg

まずは“ドルーガ家のガード”2体が出現する。
容貌は町にいるガードそのものだが、あまり強くはない。

a0072067_19232368.jpg

続いて“スフィンクス”4体が出現する。
ノンアクティブで、かつ動かないが、1体を攻撃すると他の3体が仲間意識によって襲いかかってくる。

a0072067_19245817.jpg

最後は家主の“ドルーガ”が出現する。
彼もまたノンアクティブだが、HPと攻撃力が高く、また魔法の“トルネード”を使用する。

a0072067_19261267.jpg

最後の“ドルーガ”を倒すと、このようにドラゴン スレイヤーが手に入る。
もちろんナイト専用の武器で、ドレイクなどのドラゴン系モンスターに大ダメージを与える。
[PR]
# by Mlnce | 2006-09-21 19:27

身体の不調

最近特に、急な腹痛や頭痛に悩まされる。
バランスの悪い食生活と、長い夜勤による疲れが原因なのだろうか。
とはいえ、このような事は職業柄どうしようもないが。

しかし私一人で24時間体勢…というわけではないが、それでも十時間ほどの延々とした作業は辛い。
肉体的にも精神的にも参るときがある。

それでも私と同じような作業をこなす先輩方はずっと平気だ。
私のような症状がある素振りが無く、全く健康そうだ。
…今度、暇があればお聞きしてみよう。


さて、では今回の記事に移る。

少し前の記事で、銃を扱うナイトの話があった。
これはナイトの話だが、実はダーク エルフに関しても、遠距離武器が多数考案されていた。

これはダーク エルフ実装前の話で、ダーク エルフ専用の遠距離攻撃手段がいくつか考えられていたらしい。
二つほど残っていたので紹介する。

a0072067_1213424.jpg

これは“パチンコ”だ。
明暗設定が施されていなかったのか、攻撃時にグラフィックが暗くなってしまう。

a0072067_1215365.jpg

こちらは“手裏剣”のようだ。

他にもブーメランやトマホーク、投げ槍などがあったらしい。

最初、ガントレットは遠距離武器の中でボツになりかけていたらしい。
しかし、パチンコや手裏剣などで不都合が生じた結果、ガントレットに決まったようだ。
空中を制す敵に大ダメージを与える…などのダメージボーナスも、その頃に取り消されたようだ。

これらの武器は、今度の新クラス出現の時に再利用される可能性も十分に懸念される。
温故知新という言葉があるように、大規模なアップデートの際は、是非過去のデータを一度参照していただくのも面白いだろう。


余談だが、少し前の記事で 最強のアデン ガード 対 竜の話を持ち上げていた。
が、如何なる方法を持っても画面静止・クライアント強制終了等が発生する。
申し訳無いが、当分は実験が出来そうに無い事をご了承いただきたい。
a0072067_1285098.jpg

[PR]
# by Mlnce | 2006-09-16 12:08

夢うつつ

この間、うたた寝をしている間に私が子供の時分の夢を見た。
私はあまり夢を見る方でもなく、見てもほとんど忘れてしまうが、今回の見た夢は今でもハッキリと思い出せる。

夢の中で、子供の私は電車を待っていた。
少し古い感じの駅では私一人がポツンとベンチに座っている。
私は電車は来ないとわかっていたような気がしたが、ずっとずっと待っていた…

そういう夢だ。
別段変わった夢でもないが、駅の情景がどこか懐かしい雰囲気をかもし出していた。
あれは私の幼い頃の記憶が出たものだったのだろうか…。


さて、それは置いておいて今回の話題に移る。
さして面白い新案なども無かったので、またボツアイテムについて紹介しよう。
今回は“ワンド”だ。

今でこそ“エボニー ワンド”や“パイン ワンド”等のアイテムが定着している。
しかしこのワンド達も、幾多のワンドを退けて実装へと輝いた、選ばれしワンドなのだ。

そこで、実装に至らなかった不憫なワンドを紹介しよう。
なお、以下の画像は全て私がブラック エルダーに変身した上で、実際に実験を行っているものだ。

a0072067_21284074.jpg

まずはこのワンドだ。
正式名称はわからないが、自分と、自分のペットやパーティーメンバーのHPを僅かに回復させる。
早い段階でボツが決まってしまったらしい。

a0072067_21292481.jpg

さて、次のワンドだ。
これも正式名称はよくわからないが、犬などのペット(サモン モンスター及びテイミングされたモンスターは含まない)を瞬時に自分の周りに出現させる。

…実はユーザーからもこのようなアイテムの実装希望が多かったらしいが、いろいろと問題があってボツとなった。

a0072067_21325325.jpg

他にもこのようなユニークなワンドも存在する。
自分の周辺に多量の果物類(リンゴ、バナナ、オレンジ、レモン、キャロット)を出現させる。

実はこのワンド、元々はパイン ワンドの原型だった。
故にこのワンド自体がパイン ワンドと名づけられていたが、後に果物の変わりにモンスター出現という形になったらしい。

ワンドのボツは、他にも5~6種類はあるらしい。
嘗てはバグの一種で、オーク ワンドという自らの欲するアイテムを生成するワンドもあったらしいが、現在はデータごと消滅していた。
[PR]
# by Mlnce | 2006-09-11 21:37

残暑

とうとう9月になった。
暑い夏もようやく終わり、少しずつ涼しさが感じられる。

まだまだ残暑があるが、それでも夏の暑さよりもずっと楽だ。

よく「暑いのが好きか、寒いのが好きか」と聞かれることがあるが、私は迷わずこう答える。
「寒い方が好きだ。」

元々私は東北生まれなので、寒い環境には子供の頃に適応されている。
夏も暑いと感じることは皆無だった。

だから、夏の首都圏の暑さはよけい暑く感じた。
今はもう大丈夫だが…上京した当時は暑さで倒れるほどだった。
私にもそのようなひと夏があったものだ。


今回はボツ記事ではなく、ナイトに関する資料を紹介する。

私達の間で深刻な問題が“ナイトのスキル”に関してだ。
今日のナイトは、やや他のクラスに押され気味になっている。
そこで新たなスキルを追加したいところだが、スキルの内容次第でバランスが崩れる恐れがある為、慎重にならざるを得ない。

そんな中、ナイト専用の武器が考案された。
それは“銃”だ。

以下がテスト画像である。
a0072067_215197.jpg

ナイトがブラック ナイトに向かって銃を発砲する。

a0072067_21402243.jpg

2回の攻撃でブラック ナイトを撃破した。

実装されればこのような形になるだろう。

しかし、この案についても、

「銃の実装で、エルフに影響はでないか。」
「ファンタジックな世界観において、銃というものはどうだろうか。」

等という意見が交わされる。
現段階では案が出たがボツ、案が出たがボツ、の堂々巡りだ。

ナイトというクラスは個性を示すのが非常に難しい。
メールでも意見を沢山頂いているが、できる限りは全てのクラスが不利有利を持たないようにしていきたい。
[PR]
# by Mlnce | 2006-09-04 21:10

乱雑

エピソード5が実装された。
…しかし、私自身あまりこの時期に出して欲しくはなかった。

夏休み全盛期も終わり、ユーザのログイン数が減っていく傾向になった。
けれどもここで新しいエピソード追加ということで、また人数が増えてきた。
人数が増えると、それに併行して我々の業務も増えていく。
もちろん顧客が多い事は大変喜ばしいことだが、流石に辛いものは辛い。

お陰で私のデスクも、前回の記事でリフォームした頃と一転して汚くなってしまった。
また暇な時にでも掃除をしなければならない。


さて、今回の記事だ。

今回は夢幻の島のダンジョンについて紹介する。
何らかの理由でボツになってしまったようだが、そのダンジョン自体はほとんど出来上がっていた。

ダンジョンと言えども敵は出現せず、狭く、NPCが一人だけしかいなかった。
だがこのNPCが重要な存在を示していたようだ。
a0072067_23122314.jpg

この画像を見る限り、これはアイテム生成のクエストを司るNPCだろう。
彼の言う秘薬とは恐らく“エリクサー”であると思われる。

a0072067_23134547.jpg

これはその“秘薬”に必要な材料だ。
然程難易ではないが、現在も未実装の“ユニコーンホーン”というアイテムが必要だという。

このアイテムについて、古参のGMさんに聞いてみた。
すると、どうもこれは武器(槍)で、かなりのレアアイテムにする予定だったらしい。
このイベントがボツになった際、同時に抹消されたようだが。

ちなみに画像を見せて頂いた。
a0072067_23238100.jpg


ユニコーンの角は万病に効くというから、私はてっきり材料専門かと思っていた。
しかしこのアイテムと言い、ダンジョンと言い、私自身、今後実装してもよさそうであると思えるが。
[PR]
# by Mlnce | 2006-08-26 23:31


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
realestate i..
from realestate in ..
memorie ram ..
from memorie ram pc..
jean carlos ..
from jean carlos ch..
african min ..
from african min po..
lightwave 7
from lightwave 7
japanese gir..
from japanese girls..
capital one ..
from capital one se..
car import m..
from car import mod..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧