新生!ゲームマスター日記


リネージュの空想なGM日記です。
by Mlnce
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夏の終わり

もうじき夏も終わる。
今年の夏も仕事、仕事でたいした場所には行けなかったが…。

だが先日、私にとっては嬉しいニュースを聞いた。
一番の古株であるシリウスのGMさん曰く、冬には社員旅行があるので期待した方がよいということだ。
どこに行くかは年毎に決められるらしいが、これまで毎年やってきたらしい。
思いもよらぬ楽しみが増えたが、その旅行に備えて少々財布を重くしておく必要がありそうだ。


さて、今日も変わらず記事の紹介に入る。
最近これといって紹介するような記事が無くて困っていたが、他のGMさんから色々と興味深いデータを見せていただいた。

特に私が気になったのは、リネージュ内での「釣り」だ。
これはエピソード6で実装するかどうか検討中のデータである。

ご存知の通り、現在のリネージュ内にある海や湖は単なる障害物だが、「釣り」を実装させる事によって、それらの存在意義を示す事もできるというのだ。
a0072067_1532811.jpg

開発中の段階であるが、実際に釣りをしている光景だ。
特にクラスやレベルなどの制限は無いらしいが、釣りの為の道具が数点必要らしい。

a0072067_156138.jpg

これも開発中の画像だ。
実際に釣った魚はアイテム扱いとし、自由な持ち運びやプレイヤー間での売買が可能らしい。
この画像のアイテムとしての魚は、宝石のようにも見える。

a0072067_1565173.jpg

これは釣りに関係するNPCのようだ。
釣りをする為に必要なアイテムを売っているのだろうか…?

a0072067_1574592.jpg

釣った魚を買い取ってくれるNPCもいるようだ。

今のところ実装されるか否かもわからない状態なので、データはこれくらいしか存在しない。
(実装されても、実際にこれらのデータが適応されるとは限らないが。)

個人的に気になったので、釣りの企画代表者に色々と尋ねてみた。
実装が確定されれば、釣る事ができる魚の種類を増やしたり、釣りを補佐する魔法や、釣り専用のマップなども考えている、との事。
更にはとても珍しくて価値のある魚、釣り難い魚、あるポイントのみに出現する魚等を加えたりする予定らしい。

モンスター狩り以外でも、十分な額の通貨を稼ぐ事ができる日もそう遠くないかもしれない。
[PR]
# by Mlnce | 2006-08-23 02:03

休眠

昨日、ようやく前回のブログで述べていた仕事が終了した。

えらく疲れた為、休憩時間をずっと仮眠に使ってしまった。
お陰で最近の疲れがいっきに吹き飛んだ気がする。

…大学時代は、よく平気で徹夜していたものだが。
あの頃と比べると体力が随分落ちたような気がする。
暇があればジムにでも行きたいものだ。


では今回の記事に移る。
今回はエピソード5で実装予定だったイベントを紹介する。

バンディットがらみのイベントは多いが、今回紹介するのもそれである。
バンディットによる大規模な襲撃イベントだ。

今回はかなりのデータが消去されずに残っていた。
以下はイベントの細かい内容である。

アデンでも有数の勢力を誇るバンディットの集団が、戦争に扮して町や村を襲っていると言う。
イベント期間中、各町・村にはそれぞれ以下のようなモンスターが出現する。

バンディット チーフ
バンディット ボス
バンディット(剣タイプ)
バンディット(斧タイプ)
バンディット(鈍器タイプ)
バンディット(杖タイプ)
バンディット(弓タイプ)

バンディット チーフとバンディットの杖タイプは、このイベント限定で出現する。
a0072067_212837.jpg

画像の種類上よく見えなくて申し訳ないが、バンディット チーフのアライメントはカオティックである。

これは実際にバンディットが出現した姿である。ちなみに出現場所は話せる島だ。
a0072067_2123640.jpg


更にイベント限定で、バンディット達がある特定の条件で話す。
特定の条件とは、「周囲にプレイヤーがおらず、待機状態になっている」時と「死亡時」の状態だ。
なお、彼らの会話は全てシャウトだ。
a0072067_2114280.jpg



このイベントがボツになった理由は、NCJ社内からの

「町に出現するので、一時的に席を外しているプレイヤーは大変危険である。」
「バンディット達はアクティブモンスターなので、*MPKに利用される恐れがある。」

等の声が非常に多く中止となってしまった。

このイベントは指摘が非常に遅かった為、データ作成が全て無駄となってしまった。
それが理由で、何度か揉め事まで起こったやっかいなイベントでもある…。

*MPK…アクティブなモンスターを利用し、第三者を狙う迷惑行為の事。
[PR]
# by Mlnce | 2006-08-16 20:58

大忙し

最近少し大きな仕事が入った。
そう言っても、普段の業務と併行してこなさねばならない為、ここ1週間は本当に忙しかった。

実はこのブログを書いている今も、まだその作業が終了していない。
ただ余りにもブログの更新が無いと寂しいので、少し合間をぬっての更新だ。


では少ないが、本日の記事を紹介する。

竜の強制クライアントについては何の音沙汰も無い為に実験不可能だ。
まあビジネスなので、整備用のモンスターよりもユーザを優先していただける方が良いのだが。

変わりに普通のガードの強さでも見てみることにする。

a0072067_2356877.jpg

シーダンサーを一体ずつ無制限に出し、何匹耐えられるかの実験だ。
槍ガードでは味が無いので弓のガードにしてみた。

a0072067_0245397.jpg

結果は、8匹倒した所で同士討ちとなった。
ちなみにシーダンサーのACは-100なので、ガードと言えどもなかなかヒットしなかった。

…どうも最強のアデンガードで目が肥えてしまった為、物足りないような気がする。
[PR]
# by Mlnce | 2006-08-14 00:31

運勢

アルタイルのGMさんが、駅構内で宝くじを買ってきた。
以下は、それに関する会話である。

「Mlnceさん~ どうです?ほら」

「あー、なるほど。時々駅で見かけますねぇ」

「いやぁ、僕はこういうのが好きでしてねぇ。妻はどうせ当たらないからやめろと言うんですけどねぇ。あ、Mlnceさんって宝くじとか興味あります?」

「いや~、私はとんと運が無いですので、そういうものはちょっと…。」

「そうですかぁ~」

そうなのだ。私は子供の頃から、こういう類のものには運がない。
阿弥陀クジをしても、必ず「はずれ」を引いてしまう。
子供の頃流行っていた、アイスクリームの「あたり」など引いたことは無い。
大人になった今でも、不公平だ。不平等だ。と、年甲斐なく嘆く事がある。


愚痴はさておき、前回の記事の続きを紹介する。

最強の「アデン ガード」。もちろん、彼の強さを見てみるためだ。

a0072067_1837245.jpg

傲慢の塔のボスモンスターも彼には敵わなかった。
そこで、同じガードを10体(+現在の強さのアデン ガード2体)VS最強のアデン ガードとしてみた。

結果は、最強のアデン ガードの勝利。いや、圧勝というべきか。

ガードたちの槍攻撃はともかく、弓の攻撃はほとんど当たらなかった。
加えて、ガードと言えども、彼は3・4発程度で倒してしまった。
やはりここでも、攻撃力の差が出たと言えよう。

今度は龍で実験しよう…と思ったが、実は龍とは対戦できない。
龍を召還するたびにクライアントが落ち、実験どころではなかった。
(これはベータステージの話で、一般ユーザーには影響はないが。)

少し問題なので、一応上層部に報告しておく。
また可能であるならば、実験を再開したい。
[PR]
# by Mlnce | 2006-08-02 18:48

気分新たに

今日の休憩時間、仕事場の自分の周囲を掃除してみた。

私のデスクは普段、書類や広告・紙くずにタバコの灰…等々が散乱しているので、
これは汚いと感じて15分ほど作業をしていた。

片付けると意外に綺麗になるものだ、と思った。
大量のチラシの代わりに縁日で買ったサボテンを置き、落ち着いた空間を作り上げた。
…ただ、これが何日保たれるかはわからないが…


さて、いつものように記事を紹介する。

おととい、私がその噂を聞いてからずっと探していたデータを発見した。
それは“最強のガード”だ。

これが実装された当時、すぐに気づかれて削除されたようだ。
能力値が最高だと聞いたので是非お目にかかりたいと思っていたが、古いデータから偶然発見した。

これがそのガードだ。
a0072067_2145284.jpg

見ていただける通り、“アデン”のガードだ。

レベル・HPは最高値。
ACは-100で、MR値は100%だ。
またガードという属性上、足がとても速い。
さらに言うと槍装備の為、2セルの範囲攻撃を持つ。
(攻撃方法が物理攻撃のみなので、高いMPは無駄となってしまうが。)

レベルが最高なので攻撃力もかなり上がっているだろう。
実験の為、早速モンスターをランダムに召還していった。
a0072067_2149479.jpg

(ランダム召還なので、一部未実装モンスターもいる。)
なお画像では、“明かり”が複数あるとややこしいので、中央部分のみ点灯している。

彼にはヘイスト・その他の能力向上魔法は一切付加されていなかったが、片っ端から敵をなぎ倒していった。
また驚くべき事に、イエティなどの体力が高いモンスターが一撃で倒されていた。
このことから、彼は恐ろしい程の攻撃力を誇っている事になる。
機会があれば試してみたいが、強さは恐らく4龍にも引け目を取らないだろう。
ちなみに現在の“アデン ガード”や“アデン 傭兵隊”はレベル30・HP500程度しかない。


話は変わるが、気づいた方もおられるかもしれない。
最近のGMやLTが操るモンスターは、首輪のマークがつけられていないのだ。
最初の方の記事ではつけられているので、比較してもらいたい。

これは、ユーザーに告知されていないアップデートの為である。
一見意味がないように見えるが、私達がモンスターの区分けをする上で非常に便利なのである。
[PR]
# by Mlnce | 2006-07-27 21:57

驚愕

夏休みになると、日増しに接続人数が増えてくる。
それに準じてメンテナンスなどの作業も多くなるので、最近は目が回る忙しさだ。

ところで、ついこの前テレビをのんびり眺めていると、あるニュースが目にとまった。
他企業だが、MMORPG“ラグナロク オンライン”のGMが、不正にゲーム内通貨を作成していたのだという。

これには、私達リネージュサービスチーム(NCJ社員及びGM)も驚いた。
この事件は当然、同じMMORPGという種類のゲームを運営する私達の信用状態にも影響する。

こんな時こそ、無理に突然なセキリュティの改善などせず、
日頃と寸分違わぬサービスを行っていくべきだ…と私は思う。
矛盾しているようだが、突発なメンテナンスや変更は、顧客に不安感を与える恐れがあるからだ。


さて、話を前回の記事の続きに戻す事にする。

カーンの能力値を測定しようと思い、まずは“カーツ”と一騎打ちさせてみることにしたが、結果は一瞬で決まった。
誰が見ても間違いなく、カーンが瞬殺されてしまった。

私は馬に乗っているボスキャラクターというのは強い、という概念を持っていたのだが、
どうもこれはボスといっても案外中ボス程度の実力しか無いのかもしれない。

そこでカーツよりも格が落ちる“ネクロマンサー”と戦わせてみた。
a0072067_16231898.jpg

結果は、カーンの勝利。と言っても、少しばかり戦闘が長引いたが。

a0072067_1693825.jpg

戦闘後の、カーンのHPだ。
ここには見えていないが、カーンのMR値は75%。
ネクロマンサーが魔法攻撃主体な為、カーンの高MR値がダメージ軽減となったのだろうか。
…余談だが、ロンドゥやブルティカ等のNPCが、モンスターに設定されていたデータは無かった。

ちなみにカーンについては、ボツながらドロップまでもデータが決定されていたようだ。
なお、もしカーンが実装されていれば、魔力の石や黒魔石はドロップしなかったように思われる。

a0072067_16233954.jpg

a0072067_16235187.jpg
下の画像が、“レアアイテム”の部類に入る。
[PR]
# by Mlnce | 2006-07-23 16:14

猛暑

エピソード5実装が迫っているので、我々GMも本格的に忙しくなってきた。

それにしても、まだ7月中旬だというのに関わらず、本当に暑い気がする。
この間も昼食の買出しに出かけた時、重い荷物と暑さで、熱中症になるかと思ったほどだ。

ただ、私の仕事場では、パソコンや周辺機器が暑さにやられてはいけないために、
冷房装置は不必要なくらいに完備されている。
コストこそかかるものの、私達も集中して作業を行える。


さて、相変わらずだがボツを一つ紹介しよう。
以前のラスタバド関係で、また面白いものを発見した。

a0072067_19251747.jpg

これは、沈黙の洞窟にいる“カーン”のモンスター画像だ。
ご存知の通り、カーンはダーク エルフのレベル15クエストで登場するNPCだ。
どうやらカーンは当初、ラスタバド側のボスモンスターとして登場する予定だったらしい。

ちなみに、彼の乗っているのは馬である。
実はこの馬、現在の沈黙の洞窟にいるカーンのそばにいる、“カーンの馬”の原型となっている。
カーンがNPCとして定着した時、その名残として設置されたのかもしれない。

a0072067_19273163.jpg


強さに関してはまだ実験していない。
カーンの能力に関しては、次回の記事で詳しく紹介していく。
[PR]
# by Mlnce | 2006-07-19 19:33

日本晴れ

まずは、お久しぶりだ。

母親の過労による病気は既に回復し、私は一週間前から仕事に復帰している。
ただ、休んでいる間に仕事が山ほど残っていたので、その処理に追われていてブログが更新できなかった。

まあ何はともあれ、溜まっていた仕事も片付いた。
これで、晴れてまたブログが書けるようになってよかった。
それにしても、今日の夏の日差しも、蒸すくらいの立派な日本晴れだ。


さて、早速だがボツ資料を見つけてきた。
といっても、アルタイルのGMの一人が教えてくださったものだが。


今回は、ラスタバドに関してのボツだ。
ボツの中でも、比較的新しい部類に入るだろう。

a0072067_15474338.jpg
a0072067_1548065.jpg


これはボツか?と思った人もいるだろう。
これは、死に際のセリフがボツになっているのだ。
ちなみにこの他にも「やられた・・・」や「アア・・・」等のセリフがボツになったようだ。
直接聞いたわけではないのでよくわからないが、セリフを増やしすぎると、稀に文字化けが発生する可能性あるらしい。

ちなみにデータごとボツにされたラスタバド系モンスターも確認。
セリフも彼ら独自のものだが、一緒にボツに。
a0072067_1614797.jpg

a0072067_1615942.jpg

a0072067_162966.jpg


ダーク エルフ パラディンなんかを見てみると、
ダーク エルフ ビーストテイマーが代役として実装されたような気がしなくもない。
というより、彼の死体が妙にLv55変身のダーク ナイトに似ているような気がする。

ちなみにダーク エルフ マーシナリーの死体のデータは未確認だ。
ボツにする際、そのデータのみ誤って消去したか、設定する前にボツになったと思われる。
どちらにしても、死に際のセリフだけ残っているというのが奇妙な話だが…。
[PR]
# by Mlnce | 2006-07-14 15:52

テスト用データ

「やあ、Mlnce(無論本名ではないが)君。君のブログ見せてもらったんだがね。」

正午、NCJの営業部長から受話器を通してこんな声が聞こえた。
私のブログの事は、知人や限られた人にしか存在を明かしていない。
とすればこの間の、一つ下の某NCJ社員が喋ったのだろうか。

「は、はぁ…それはどうも…すみません…。」

我ながら情けない返事で返す。

「ん?ああ、いや、別に咎めようという訳ではない。
ただちょっと、気になることがあってな。」

彼は、私が叱られると思っていたことを悟ったようで、
受話器越しに聞こえる声が、優しげな口調へと変化した。

「は…何でしょうか?」

「いや、実は例の“ライド”についてな。
君のブログを見ていて、コレは使えそうだ、と思ってな。
ついさっき、エピソード6の予定案に追加しておいたんだ。」

「はぁ、そうでしたか。」

「うむ。折角だから、君にテスト用のデータを渡しておこう。
後で送るから、暇があったら見てください。」

「わかりました。」

こんなやり取りの後、データの入ったCD-ROMを、バイトの子から受け取った。
ちなみに“ライド”とは、過去の記事にもある“ライド オン モンスター”のことだ。
社員らにかなり印象を与えたボツ作品だったので、今でも“ライド”と略して呼ぶ人は多い。

読者諸君には、「おいおい、こんな簡単に決めていいのかよ。」という人もいるだろう。
しかし、こういう些細な事から良案が生まれる事は多い。アイデア第一なのだ。

日暮れ時、休憩の時間に例のデータを起動してみた。
全てのクラスで可能だというので、エルフで実験してみる。
a0072067_21222457.jpg

テスト用のデータには、一種類のモンスターのみ存在した。
前回の記事の時紹介したように、乗った状態なら炎を吐くことが出来た。
ちなみに、
a0072067_21232360.jpg

彼は「スカイ ドレイク」という名称。アライメントが、ロウフルなモンスターだ。

この「スカイ ドレイク」、テスト段階のモンスターであるが、やたらと強かった。
試しにデス ナイトを召還して、乗った状態で戦わせてみると、HP1223を残して勝利した。
明らかに通常の「ドレイク」よりも能力値が高い。
特に時折噴出する炎の威力は、目を見張る物であった。
デス ナイトの減ったHPを細かく分析してみると、炎によりほぼ500程度のダメージを与えていた。


突然で申し訳ないが、このブログを書いているときに、このようなメールを携帯に受信した。

From 父
Subject 息子へ

ハハ ビョウキ
スグカエレ
       チチ

          -----END-----

どうも、母親が過労で倒れたらしい。
大変なことになってしまったので、私は事を上司に相談し、一時的に帰郷することにした。

しばらくブログが更新できそうにないが、お許し願いたい。
[PR]
# by Mlnce | 2006-06-28 21:33

休息

土・日は世間では一般的に休日であるが、私達GMは基本的に働き詰めだ。

世間での休日と反比例し、こちらでは仕事が多くなる。
監視、クライアントのチェック、全体チャットでの不適切発言によるチャット禁止・・・
その他もろもろ、休日になるとその仕事の量も増大する。

この平日、特に月曜日が最も楽だ。
そんなわけで落ち着いて一服していると、とあるNCJの社員がニコニコしながら話しかけてきた。

「ちょっとMlnce(本名ではないが)さん。これ見てくださいよ。」

このNCJ社員は、私と一年年下で気が合い、よく食事に行ったりしていたのだ。
彼は袋からCD-Rを出し、私の手に置いた。

「どれどれ・・・」

私はそのCD-Rを挿入し、中のプログラムを起動してみた。

「ほぉ・・・。」

私は思わず感嘆した。
よくあるシューティングゲームのようなものであったが、中身がリネージュだ。

「これ、自分で作ったのか?」

「はい!僕、プログラム組むの得意なので・・・。」

彼は私の問いにハキハキと答えた。
今日は仕事の用事でここに立ち寄り、ついでに私に会いに来てくれたのだが
数日前に作った、このゲームを是非見てもらいたいのだという。

彼に、これを私のブログに載せてもいいかね、と尋ねたところ
快く承諾してくれたので、載せる事にする。

a0072067_20445044.jpg


この画面ではよくわからないが、エルフが弓をつがえて放ち、敵を攻撃しているのだ。

a0072067_213355.jpg


ちなみにクリア画面だ。

私は彼が帰った後、ふと考えてみた。彼がやっていたのは、明らかに「お遊び」である。
しかし…やはり仕事とは言え、堅苦しい事ばかりやっていてはただの労働だ。

「お遊び」と「仕事」。この二つのバランスを時と場合によって使い分ければ、
業務もそんなに辛くないかもしれない。…無論、余裕があればの話だが。
[PR]
# by Mlnce | 2006-06-26 20:50


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
realestate i..
from realestate in ..
memorie ram ..
from memorie ram pc..
jean carlos ..
from jean carlos ch..
african min ..
from african min po..
lightwave 7
from lightwave 7
japanese gir..
from japanese girls..
capital one ..
from capital one se..
car import m..
from car import mod..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧